MENU

100切りへの道!ゴルフ上達の為のエクササイズ

ゴルフは、クラブをスイングさせてボールを飛ばすものですが、100切りのスコアを出すためには、エクササイズをすることはとても大事なことになります。100切りのスコアを出したいならば、安定した下半身と上半身とのねじれ力から生まれる、スイングパワーを最大限に発揮させることが重要になりますから、体幹を鍛えてねじれ力を高めるエクササイズを行うのがいいでしょう。
体幹を鍛えることは、スイングした時の軸がぶれにくくなるものですから、腹部を引き締めて上半身を最大限までねじれるようなエクササイズをしたいものです。たとえば、バランスボールの上に腰を下ろして、両足は床につけて、ゴルフクラブを持つポーズで両腕を大きく右へ回転させて、左のサイドへ両腕を移動させていきます。腰と下半身を固定させながら、上半身のねじれの運動になりますので、ねじれ力を向上させて大きなスイングパワーを身につけられたなら、ボールの飛距離をのばすことができ、100切りのスコアを出すことができるでしょう。
そして、スイングパワーを高めるためには、上半身の肩や肩甲骨を柔軟にして、大きなねじれ力を出すことが必要になります。この場合のエクササイズとしましては、ゴルフクラブを横にした状態で背中にあてて、そのクラブを両ひじで挟んでいきます。その状態で、左右に体をねじる感じで動かしていきますと、肩甲骨周辺の筋肉が柔軟になっていきますので、スイングの時の可動域が広がって、スイングパワーを最大限に発揮することができるでしょう。
スコアを100切りするためには、体の軸がぶれないようにして、効率良くスイングパワーをボールに伝えることが大切になります。ぶれない軸を作るためには、体幹を鍛えることが重要になるもので、スイングの精度が高まってボールを飛ばしたい方向へと運ぶことができます。スコアを100切りしたいならば、体幹を鍛えて下半身を安定させ、上半身のねじれ力を最大限に発揮できるようなエクササイズをしましょう。

このページの先頭へ