MENU

100切りを目指す前に習得しておきたい基礎知識:ゴルフクラブの手入れ編

ゴルフプレイヤーにとって100切りは目標のひとつとして据えられることが多く、アマチュアとしてプレイをする人にとってもぜひとも超えたい壁です。100を切るか切らないかの差は練習量やプレイスタイルの差のほかに、使用しているゴルフクラブによっても左右されます。高価なゴルフクラブならば何でも良いというものではなく、しっかりと手入れを行ってこそ良いスコアを出すことができるものです。

 

使用するゴルフクラブは自分のプレイに合ったものを選びましょう。気に入った物であっても使い続けるうちに摩耗し、傷むのは当然のことです。日々の手入れによって、ゴルフクラブの寿命は伸び縮みします。

 

忙しくて手入れに時間をかけられない人や、毎日気軽に手入れを行いたい場合には、まずはメラミンスポンジでゴルフクラブのヘッドを軽く擦り、汚れを取り除きます。汚れが取れたら濡れた布で全体を拭き、最後に水気を取り除くため、乾いた布で拭き上げます。

 

メラミンスポンジは安く売っている製品でも充分ですし、濡れた布や乾いた布も自宅にあるもので構いません。練習の後や毎日の手入れを行うだけで、寿命はぐっと伸びます。

 

休日などの時間のある日、お気に入りのゴルフクラブを丁寧に手入れしたい時には、もう少しだけ時間のかかる手入れ方法を試してみましょう。まず台所用洗剤を溶かしたぬるま湯を作り、メラミンスポンジでヘッドを洗います。

 

溝に残りがちな汚れもしっかりと取り除きます。次にクラブ全体を水洗いし、布で水気を拭います。水気を残さないように乾いた布でしっかりと拭うことが大切です。ゴルフクラブの天敵である水分は、そのままにしておくとメッキ部分に錆を生じさせてしまいます。最後の仕上げとしてメッキ部分には錆止めを塗って完成です。

 

ゴルフクラブはプレイを楽しく過ごすための大切な相棒です。時々は時間を取り、手間をかけることで、長く使用することができます。また、手入れによって良い状態を保てば、100切りするための力になってくれます。

このページの先頭へ