MENU

ゴルフの飛距離をアップさせる方法

ゴルフを始めたもののなかなか飛距離がアップしない、そのようなお悩みを解決するためにも、飛距離アップのためのドライバースイング改善方法をご紹介します。初心者はもちろん、中級者の方も是非参考になさってみてください。

 

先ず、インパクトでの頭の位置を意識しましょう。頭の位置がアドレスの時と同じ位置にあればレベルブローでインパクトができます。アッパーブローでインパクトしたい場合は、頭の位置をアドレスの時よりもうしろに残しましょう。このように、クラブの入射角度は頭の位置でコントロールすることができます。

 

次に、ピッチングウエッジをドライバーのつもりで素振りしましょう。ドライバーのようにピッチングウエッジを構えるとヘッドが宙に浮きます。ドライバーだと思って素振りをしてみましょう。

 

手首の開放も重要となります。手首の角度が開放されなかった場合、クラブはダウンブローでボールに向かっていきます。逆に、手首の開放が速いとアッパーブローができます。このように、手首の動きを上手くコントロールすることも重要なポイントと言えます。
ちなみに、ヘッドが大きければ飛距離が出るとは限りません。また、飛距離を出すためにと様々なボールが売られていますが、高価なボールを使うことで飛距離が出るということもありません。

 

自分に合ったシャフトを選んでスイングすることでドライバーの飛距離を出すことができます。グリップの場合はウィークグリップよりもストロンググリップの方がドライバーの飛距離が出やすくなります。また、スタンスは狭めよりも広めの方が下半身が踏ん張って安定するので飛距離も出しやすくなります。

 

実はゴルフでは身長も重要で、体格のいい人ほど飛距離が出ます。尚、小柄な人でも練習をすることで筋肉がついてきて飛距離が増していく可能性がありますので、根気強くやっていきましょう。

 

トップでのバイザーの向きですが、ティーの後方約1メートルに置いたボールの方向をさすつもりで回転させましょう。バイザーのツバが後方を向いていると、重心が右に移動し、身体も大きく回ったトップをつくりだすことができます。

 

右足を固定して体の軸をぶらさないようにすることも重要です。また、打感を徐々に体で覚えていきましょう。ミート率を上げるためにも、ヘッドの芯に当たった瞬間、どのような感じでどのくらい飛ぶのかを経験することが大切です。何度も練習を重ねることで飛距離が出るスイングが身についていきます。

 

カタナゴルフのゴルフクラブを使ってる人は、飛距離がでやすい高反発ドライバーにかえてみるのもいいかもしれませんね。

このページの先頭へ