MENU

ピンチをチャンスに変える!バンカーショット攻略法

バンカー攻略でスコアをのばす

ゴルフコースをラウンドする上で最も厄介な存在となるのがバンカーです。調子よくラウンドしていたのにバンカーに捕まってしまったせいで大崩れしてしまうことは少なくありません。逆に言えば、バンカーを攻略できればスコアを崩すことなく手堅いプレーが出来るということになります。

 

バンカー攻略は簡単ではありませんが、ちょっとしたコツを覚えておくだけでも苦手意識を払しょくすることはできます。バンカーに入ってしまったからといって諦めず、見事なリカバリーでピンチをチャンスに変えてしまいましょう。

バンカーショットのコツは体の軸

バンカーショットのコツは「体の軸を意識する」ことです。バンカーショットは砂地の上にスタンスを取るため、体全体が不安定になりがちです。体の軸がぶれてしまえばボールをコントローすることなどできるはずがありません。まずは自分の体の軸をしっかりと意識し、安定性を確保することから始めましょう。

 

スタンスを決めるときはいつもよりも足場をしっかりと固めましょう。砂の地面は一見しっかり固まっているように思えても、スイングに入って力を込めて踏ん張った途端に崩れてしまうことがあります。あまり踏み固めるのはマナー違反になってしまいますが、力を込めても足元が崩れないことを確かめておきましょう。

 

バンカーショットではぼるコントロールを手元で行うのではなく腕全体、体全体で行うことが大切です。上級者ともなれば微妙なコントロールをグリップで調節することも可能ですが、十分なテクニックがないうちはコントロールよりもバンカーから確実に脱出させることを優先すべきです。

 

左肩の向きで邦楽を調整し、手首をしっかりと固めて肩からクラブヘッドまで一本の芯が通っているイメージで体の軸を意識し、ブレの無いように振りぬきましょう。心にためらいがあるとバンカーショットは失敗してしまいます。インパクトのエネルギーを砂に吸収されないよう思い切ってショットしてください。

厄介な目玉状態のボールを出すには

ボールが砂に深く沈んでしまう、いわゆる目玉状態のポールをショットするときはクラブヘッドの入射角が重要になります。大きく振りかぶってのスイングではテイクバックからインパクトまでの間にクラブが砂に接触してしまい、パワーが十分にボールに伝わる力強いショットができません。

 

砂と一緒にボールを叩いてしまうと飛距離が出ず、再びバンカーからショットするはめになってしまいます。深く砂に埋まったボールを打つときははクラブの入射角度を調節し、ボールを上からまっすぐにたたき下ろすようなイメージのダウンブローでショットするとよいでしょう。

 

ダウンブローでショットすることで深く埋まった砂の影響が最小限に押さえられ、ボールを的確にショットすることができます。飛距離がのびにくいという欠点はありますが、バンカーから確実に脱出させることを第一に考えることが大切になるのでダウンブローの力強いスイングこそが最も適したショットと言えるでしょう。

このページの先頭へ